事前査定と実際の査定の金額の違い

カメラというのは光学機器です。ブランド品の様に写真やテキストなどで見た査定金額と、実際にカメラを詳細に見た場合で、金額が大きく違うということも出てきます。

ブランド品の場合、写真などで傷がある等が判断できる場合も多いのですが、カメラの場合、外部に傷等がなくても内部に損傷がみられることもあります。写真やテキストで判断しにくい機器なので、カメラのメーカーや品番などからだいたいこのくらいの金額といわれても、お店で査定してもらったら格段に金額が下がるということも仕方がない事です。

こうした光学機器の買取のお店では光学機器の仕組みや商品の種類、特長などを知り尽くしている査定の方が時間をかけて詳細に確認してくれます。逆に故障しているからと査定金額に期待していなかったのに、とてもいい品番で故障等が関係しない人気カメラだったので高額査定になったということもあります。ブランド物のバッグや財布などと違い、カメラまた時計なども事前の査定金額と全く違う金額になるということはよくある事なので、ここはしっかり考慮しておく方がいいでしょう。

通常、査定結果は当日に知らせてくれますし、宅配で査定してもらう場合でも、到着すればすぐに査定してくれます。そのため、時間はそれほどかからないと思いますが、台数が多いとか、アクセサリキットなど品数が多いという場合、少々時間がかかる事もあるかと思います。カメラは実用品ですが非常に価値の高いものも多く、既に利用できないとても古いカメラでも、高い価値を持っているものが少なくありません。ご自宅に眠っているおじいちゃんのカメラや昔誰かが利用していたと思われる古いカメラなどがあるのなら、一度、査定に出してみるといいかもしれません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket